ホーム

海外インターンシップとは【経験者は語る】

コンバンハ、西島にしこです。上の写真は、海外インターンシップをしていた際に一緒に働いていたフィリピン人スタッフとの1枚です。

今日は、海外インターンシップについて書きます。目標は「読んでくれた人に、”海外インターンシップ”の全体像をなんとな~く掴んでもらう」ことです。

くまこ
くまこ
なんとな~くでいいんかいww  

この記事の信憑性:執筆者である私は、フィリピンで半年間の海外インターンシップをしていました。ネットのコピーとかではなく、経験をもとに語りますので、信頼してもらって大丈夫です。

ちなみに、私の主観に偏りすぎないように、絶対内定2019 インターンシップという書籍も参考にしました。

海外インターンシップとは?

そもそも「インターンシップ」とは・・・

修行ナウ
修行ナウ
簡単に言えば、職業体験であるよ。学生や社会人が、企業で職業の経験を積めるのであるよ。修行であるよ

じゃあ、海外インターンシップは・・・

修行ナウ
修行ナウ
海外で行う修行であるよ

にしこ
にしこ
修行僧、説明ありがとなあ

ということで、これからごちゃごちゃ話しますが、海外インターンシップは「外国で暮らすことによる精神面での変化」と「仕事のスキルを得ること」が経験できるので「留学」と「国内の長期インターンシップ」のコレボレーション!みたいな感じだと思います。

一気にいろいろ経験したい!と言う欲張りな人には最適ではないでしょうか。

海外インターンシップの選び方【有料・無料】

①紹介サイトで探す

タイガーモブ(有料)・・・アジアを中心に、180件のインターンが紹介されています。タイガーモブに支払う仲介料は、学生108,000円(税込)、社会人216,000円(税込)です。話を聞くだけなら無料です!

サイトはこんな感じ

私の知人3人もタイガーモブを使って実際に海外インターンシップをしていました。私も、オンライン通話で話を聞くだけ聞いた(無料)のですが、担当の方は情熱にあふれており、「若者の力になりたいんだろうな」と感じました。信頼できると思います。

ちょっとお金を払ってでも、相談に乗ってもらいたい人とか、自分の目的にあったインターンを探したい人は、利用するとよさそうです。

ただ、企業と繋いでもらうのに10万はちょっと高いのかなあとも思います・・・

さてここからは、無料の探し方です。

Wantedly(無料)・・・このサイトでは、新卒・中途・インターンシップの募集がされています。基本的に国内での募集が多いイメージですが、海外インターンシップ募集も多くあるので、サイト内で検索してみてください。仲介料はなく、無料です。

↓こんな感じで海外インターンシップを検索できます~

うさこ
うさこ
検索してみてピョン!

②Google検索

「国名 海外インターン」「業種名 海外インターン」で探すと、インターン募集記事が出てきます。

たとえば「フィリピン 海外インターン」「マーケティング 海外インターン」など。

もちろん、直接企業の募集ページで応募することになるので、仲介料は発生しません。

「フィリピン 海外インターン」でGoogle検索した例です

海外インターンシップの探し方は

①インターンシップ紹介サイトで探す

②Google検索

「海外に行く=お金がかかる」のか?【場合による】

インターンシップを実施している企業によって、待遇はさまざまです。

①給料

給料が発生する(有給インターン)場合と、発生しない場合(無給インターン)があります。

②住居

提供される場合と、されない場合があります。される場合にも、無料であるかは企業によって異なります。

どちらにせよ、滞在方法としては、寮・アパート・ホームステイが一般的です。

③食事

こちらも、提供される場合とされない場合があります。される場合にも、無料であるかは企業によって異なります。

他にもVISAのお金や航空券などがかかりますが、企業によっては負担してくれることもあるので、そこらへんは契約前に確認しましょう~!

うさこ
うさこ
とりあえず、選ぶ企業によって、お金がめちゃかかるか、ほぼ負担しなくていいかが決まるってことね

にしこ
にしこ
うむ。でも、待遇も大事だが、時間はお金には変えられないと思うので、「自分がしたい仕事なのか」仕事内容はちゃんと考慮してね

私がインターンシップをしていた企業は、全部負担してくれた(太っ腹すぎて泣けますw)ので、大感謝申し上げます。

うさこ
うさこ
ここで感謝すんなやんwwwwwwwww

海外インターンシップでつらいこと

↑こんな感じです。

うさこ
うさこ
とりあえず「しんど!」って感じやけどその分良い経験になるよ~ってことか 

にしこ
にしこ
そそ

このほかにも、私は「フィリピンのご飯が口に合わない」とか「フィリピン人明るすぎてついていけない・・・」とか、葛藤がありました。

ただ、そういうつらいことが多くあるからこそ、強くなります。「しんどいことは、人を成長させてくれるな」と改めて思いました。

ーしんどいことは、人を成長させてくれるー

海外インターンシップでは、つらいこともあるけど、そのつらさはあなたの人生の財産になります。

海外インターンシップの期間

数週間~1年以上のものまでさまざまですが、

最初のうちは慣れるのに精いっぱいで、自分がしたいことや目標を達成できないと思うので、少なくとも2ヶ月は必要だと思います。

私は半年間でしたが、それでも時間は足りなかったくらいなので、時間が許すのであれば半年~1年がおすすめです。

海外インターンシップの理想的な期間

①少なくとも2ヶ月以上

②できれば半年~1年

海外インターンシップで得られるもの

海外インターンシップで得られると思うものは、いっぱいあります・・・

↑こんな感じです。冒頭でも少し話しましたが、「外国で暮らすことによる精神面での変化」と「仕事のスキルを得られること」があるので、

「留学」と「国内長期インターン」を一気に体験できるのが海外インターンシップ、とイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

他にも、海外インターンでは経営者との距離が近い場合が多く、起業したい人にもおすすめめできます。経営についていろいろヒントが得られそうですよね。私は経営には興味なく、そういう経営に関する話は聞いたことなかったですが・・・

「わからないことはすぐググる」とか「何か希少価値が高めのスキルを身に付ける」という経営者の言葉が心に残っていますm(__)m

共同代表の丸山さん、柴田さんと

うさこ
うさこ
勝手に写真使うなやんwww

にしこ
にしこ
すみません・・・・・・

海外インターンのメリット

①その国の価値観を知れて、考え方が広がったりのびのびと生きられるようになったりする

②仕事でつかえるが身につく(マーケティングとか、営業とか)

③日本では出会えないような人とのス テ キ な 出会い

④英語(その国の言葉)力が伸びる

⑤メンタルが強くなる

⑥経営者と距離が近い場合が多く、話を聞ける

まとめ

簡単に言うと、「留学」と「国内長期インターン」を一気に体験できるのが海外インターンシップ。

選ぶ国によって、人の性格や食文化なども違いますし、企業によって待遇や仕事内容はさまざまです。

行ってみて、もし「合わないな」と感じたら帰ってくれば良いので、興味があればとりあえずいってらっしゃいです。

うさこ
うさこ
行ってくる

にしこ
にしこ
その前にどこ行くか決めろwwじゃあ、おやすみウサギ

ABOUT ME
アバター
にしこ
(22)福岡女子大学4年生。大学を1年間休学して、フィリピンで半年間インターンシップ→アメリカで2ヶ月間ホームステイしてきました。このブログでは英語・留学・福岡・輝く若者について、主に書いています。