輝く若者

ヒロ22歳、キャバクラの魅力を語る【イメージで決めつけるのは危険】

にしこ
にしこ
コンニチハ、西島にしこです

これからはブログで「輝く若者」というテーマで若者の考え・挑戦・変化についても書いていきたいと思っています。

第一弾は私の友人であるヒロくん(22)に、最近通い始めた「キャバクラの魅力」について語ってもらいました。

インタビューに協力してくれたヒロくん

簡単な自己紹介

・九州大学経済学部 4年生

・岡山から、大学進学のタイミングで福岡へ

・2年時は、テニスサークルの部長を務める

・春からは建設系の会社で働く予定

・最近、付き合いでキャバクラに行き始めた

キャバクラに対するイメージの変化

ー久しぶりやん。最近の変化について教えて!

最近付き合いでキャバクラに行くことが多いんよね。前までは行ったことなかったんやけど。

うさこ
うさこ
ヒロくん、やるやん^_^
くまこ
くまこ
ヒロくんも、変わってしまったなあ

そこで思ったことが、「思っていたキャバクラのイメージと違うな」やったんよ。

ーほお。

キャバクラで働いとる人って、すごいんよ。

楽しく話しつつ、相手の自尊心をうまく刺激するもん。

ーああ、こちら側に気持ちよく話させてくれる、てきなね。

そう。しかもなんか、あの人たち、いい人たちなんやけどそれを鼻にかけないところがすごくて、

あれこそ教養だと思う。

ーというコメントが出るあなたこそ、教養がありますな?

お客同士の関係も分かってて、立場が下である自分(ヒロ)の話も聞きつつ、上の人をより立てるように、うまく話を回してくれる。

ーそれって、キャバクラより高級なところ?ラウンジとかクラブとか?

いや、普通のキャバクラよ。

キャバ嬢に対するイメージが変わった。

ーキャバ嬢に対して「馬鹿で可愛い女の子」というイメージがあったけど、それが変わったってこと?

そう。頭よくないと、こんなふうに話を回せないよなあと思った。

まとめ

イメージで物事を決めることや、勝手に偏見の目を持って人を見ることは危険だな と思いました。

彼が「キャバ嬢に対するイメージ」を変えることができたのは、

①実際にキャバ嬢と話したから

②彼が、物事や人をイメージで決めつけることなく判断しようと意識している人だから

だと思いました。

うさこ
うさこ
できるだけ、職種や国籍でイメージを決めつけずに、人と関わっていきたいね。
にしこ
にしこ
そのためにも、イメージに左右されずに正しく判断するための「目」を養っていきたいね!
うさこ
うさこ
いろんな人がいるから、いろんな人と話してそういう「目」を養っていこう。ヒロくんはキャバクラに行ったことで、1つ気付きがあったね!
にしこ
にしこ
ヒロくん、インタビューに協力してくれてありがとう! みんなへ。もし「いいね」と思ったら、下にあるハートのボタンを押してくれたらウレピヨ^_^♡
ワーイ! バーイ!
ABOUT ME
アバター
にしこ
(22)福岡女子大学4年生。大学を1年間休学して、フィリピンで半年間インターンシップ→アメリカで2ヶ月間ホームステイしてきました。このブログでは英語・留学・福岡・輝く若者について、主に書いています。