にしこの人生

大学4年間で得たもの【福岡女子大学】

にしこ
にしこ
コンニチハ、西島にしこです

今年度は大学を1年休学し、フィリピンで働いて、アメリカで英語を勉強してきました。

だから今年は卒業せず、4月から大学5年目が始まるのですが、、

同じ年に入学した友だちが卒業するので、卒業式に行ってきました。

そこで「これは1つの節目だな」と感じたので、一旦4年間を振り返ることにしました。

福岡女子大学に通っています

大学生活に影響を与えてくれた友だち

学校のプログラムで行ったイギリスへの短期留学にて。にしこ(左から2番目)、友だち(左から3番目)と留学生

1年生のとき、学校のプログラムでイギリスへ短期留学に行きました。写真はその際に撮ったものです。

私の隣にいる女の子は同じ大学の友だちで、私に多くのことを教えてくれました。

一番心に残っているのは「留学先では留学先でしかできないこと(留学生と話すとか)をすべきだということ」です。

サークルで得た「学び」

サークルの先輩、後輩、同学年のみんなと

私が入っているサークルは3大学合同(九州大学、中村学園大学、福岡女子大学)です。サークルのみんなが卒業式に来てくれました。

うさこ
うさこ
後ろのやつら、もっと笑えやw

サークルは、たくさんの学びがある場所だと思います。

特に2~3年生で幹事学年(テニスの練習や飲み会、イベントの管理などをする)を務める際は、「運営することの大変さ」を学び、

4年間を通してお酒の楽しさ・怖さや「同じ場所に集まってきた人の中でさえ様々な人がいること、そしてそれを受け入れることができれば、性格が違っても仲良くなれること」を学びました。

サークルの同学年のみんなと。受け入れてくれてありがとう

いつも友だちに感じていた劣等感

いつも一緒だった4人と。3年生のときの写真

彼女たちとは授業やサークル、旅行、いつも通った居酒屋で、たくさんの時間を一緒に過ごしました。

みんなしっかりしていて賢いので、全然しっかりしていない私は、何度も何度も劣等感を感じました。劣等感を感じた瞬間がフラッシュバックする、、(笑)

うさこ
うさこ
落ち込むな、にしこw

今では「私は私だから劣等感は感じなくていい」と思っています。それでもやっぱりみんなはスゴイなと思っています。

ちなみに4人の進路はそれぞれ、院へ進学、メーカーへシステムエンジニアとして就職、損害保険会社へ就職、不動産系の保証会社へ就職、です。頑張ってね。

高め合える友だちとの出会い

サークルの先輩に、卒業のプレゼントをもらいました。友だち(左)とにしこ(右)

お互いに高め合える友だちに出会えたことは、大学生活で得た財産です。この写真で私の隣にいる子は、本当に努力家です。

勉強やテニスで結果を出していくあなたを見る度に、私にも何でもできそうな気がしました。いつも勇気をもらいました。ああ、泣きそう、、(笑)

ベビーにしこ
ベビーにしこ
泣くなやんw

彼女は4月から院に進学するので、一緒に勉強頑張る!

くまこ
くまこ
先輩たち、プレゼントサンキュー! くまこが大切に着ます。
くまこ
にしこ
にしこ
私も着ます。

学びたいことに出会えた、大学での勉強

3年次からのゼミの先生と

授業を聞いていないこともたくさんあったけど、この大学で勉強して、自分が興味のある分野に出会えました。

うさこ
うさこ
授業は聞けやw

5年前を振り返ると、高校生のときの私は「大学で何を勉強したいのか」が分かりませんでした。

福岡女子大学の国際教養学科は、最初の1年間で経済、法学、社会学、文学、理系科目などを幅広く学んで、2年生から専攻を決めていくスタイルなのですが、

学ぶことの幅が広すぎて、大学1年生のときは、「私は何を勉強しているんだろう?」と苦しみました。

でも幅広く学べたおかげで、2年生になると「東南アジアの経済発展について学びたい」、3年生になるとゼミで「移民について学びたい」と、学びたいことが決まっていきました。

この大学を選んでよかった。

休学して、海外で仕事と勉強をしました

大学4年次は1年間休学して、フィリピンで半年間仕事、アメリカで2ヶ月英語の勉強をしてきました。

フィリピンで働いていたとき、真剣な会議のあとに撮った1枚

参考:「私が休学した理由

母国を離れてたくさんの人と出会い、いろんな経験をする中で、人の評価を気にして息苦しく生きていた私が、ラクに生きられるようになりました。

大学生活5年目を迎える人たち

卒業式のあと、なんやかんやで仲良くなった大学の友だちみんなと卒業パーティーをしました。

12人が集まりましたが、今年で大学生活を終えるのは4人ですwwww 

ベビーにしこ
ベビーにしこ
3分の1やん、ワラワラワラワラ

(残りの8人は留学に行っていた人、長期インターンをしていた人、院に進学する人。)

みんな頑張り屋さんで、その姿にいつもいつも鼓舞されました。

まとめ

いい4年間でした。

その一番の理由は、優しく賢く尊敬している友だちとの出会いがあったからです。

うさこ
うさこ
うさこ、「いい大学」というのは、「いい出会いがある大学」だと思う。

また、この4年間で学びたいことや興味があることを探せたことも、大きな理由です。

私は高校3年生のときに父が亡くなってしまったので、家にはお金がない状態でした(です)が、

母は一生懸命働いて私を大学に通わせてくれて、留学まで行かせてくれました。母は教育のためのお金を惜しまず、私への投資だと言って私がしたいことをいつでも応援してくれました。

くまこ
くまこ
オカン本当に偉大。感謝しろ、にしこ

だからこそ、この4年間で得るものがたくさんあってよかったです。

残り1年の大学生活について

大学生活5年目は、4月から就職する友だちの背中を見ながら、まだ卒業しない友だちと勉強したり遊んだりしながら過ごそうと思います。

卒業式が終わって家に帰ると、注文していた新しいパソコンがちょうど届いていたので、ひとまずプログラミングの勉強に集中してみます。

プログラミングを始めるために買いました
うさこ
うさこ
よっしゃ!
にしこ
にしこ
この記事が「いいね」と思ったら、下にあるハートのボタンを押してくれたらウレピヨ⤴⤴
みんな4年間お疲れさま。最後まで見てくれた人ありがとう!
ABOUT ME
アバター
にしこ
(22)福岡女子大学4年生。大学を1年間休学して、フィリピンで半年間インターンシップ→アメリカで2ヶ月間ホームステイしてきました。このブログでは英語・留学・福岡・輝く若者について、主に書いています。